今月のお悩み相談:66件 累計のお悩み相談:1689件

20代女性 20代女性

パニック障害によって突然の強い不安や恐怖が襲ってきてしまうんです

匿名さん
  • 2023年12月15日
  • 2023年7月5日
  • 0

私の名前は、あやと申します。20代の女性で、現在は会社員として働いております。私の中には、パニック障害という名の隠れた戦いが存在しております。突如として襲ってくる強い不安感や恐怖に、日々、立ち向かっております。

心臓がバクバクと高鳴り、息が詰まるような感覚に陥り、何も手につかない。そんな瞬間が、何の前触れもなくやってきます。例えば、大切な会議の最中や、友人との楽しい食事の時間でも…。自分の中で何かがおかしいと理解しつつも、それを抑え込むことができないのです。

そして、その恐怖が再び訪れることを恐れ、人との交流を避けるようになり、ますます孤独感が増してしまいます。これはパニック障害の一部でしょうか。それとも、私自身の弱さなのでしょうか。自分でもよく分からなくなってしまっています。

こうした状況をどうにかしたい。でも、どうしたらいいのか、何をすればいいのか、どこから手をつけていいのか、全く見当がつかないんです。どなたか、お力を貸していただけませんか。

お悩みについてのアドバイス

あやさんのお悩み、しっかりと読ませていただきました。突如として襲ってくる不安感や恐怖、それが原因で人との交流が難しくなってしまうお気持ち、とても辛い経験をされていることが伝わってきます。

何よりもまず、あやさんの感じている恐怖や不安は、決してあなた自身の弱さではありません。それはパニック障害という症状の一部で、あなたがどんなに強くてもそれは避けられない現実なのです。

私たちは生きていく中で、さまざまな波を乗り越えなければならない。それは山のように高く、深い谷のように深いこともある。しかし、その波を乗り越えるために必死になることも大切ですが、波を受け入れて、自分自身を許すこともまた大切なのです。自分が完璧である必要はないし、自分自身を責める必要もありません。心の風が吹き荒れているときは、ただそれを見守り、自分自身に優しくしてあげてください。

あやさんが感じている現実感の喪失や不安、それは本当に辛い経験ですが、それは決してあなた一人の問題ではありません。自分だけが異常だと思うことなく、周りに手を差し伸べてみてはいかがでしょうか。専門家や信頼できる人たちが、あなたを理解し、あなたの感じていることに共感し、あなたを支えてくれることでしょう。

そして、何よりも、あなた自身が自分を大切にすること。それが一番の力になるのです。あなたはあなた自身であり、そのままでいいのです。どうか、そのことを忘れないでください。あなたには、あなた自身のペースで生きる権利があります。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!