今月のお悩み相談:117件 累計のお悩み相談:1560件

20代女性 20代女性

統合失調症と闘い、現実感の喪失と幻覚・妄想に困っております

匿名さん
  • 2023年12月26日
  • 2023年7月5日
  • 3

毎日が違和感に満ちています。なんとも説明し難い、現実感の喪失というか、世界が遠いところにあるような感覚に苛まれています。

私の頭の中では、現実とは異なる話が展開され、それが真実であるかのように感じてしまうことがあります。
それが幻覚や妄想と呼ばれるものなのかもしれません。

私は今は無職で、20代の女性です。特に何かをするわけでもなく、ただ日々を過ごしています。しかし、この症状があると、一人で過ごす時間が長いことが逆に恐ろしいです。外に出て人と接するのも難しく、内にこもってしまうと症状が悪化します。何をしていいのか、どう向き合っていくべきなのか、わからなくなってしまいます。

また、最近では自分の感情すらも理解できなくなり、何を感じているのかさえもつかめません。自分自身が自分自身であるという感覚が希薄になり、自我が消えてしまいそうな感じがしています。

私のこの現状に、どのように対処したら良いのでしょうか。何か心の拠り所になるような言葉をいただけるとありがたいです。

お悩みについてのアドバイス

あなたが抱えている現実感の喪失や幻覚、妄想について、心からの共感を送ります。まるで浮遊感を感じ、自分が自分でないかのような気持ちは、とても混乱と不安を引き起こすものでしょう。

しかし、ここで大切なことは、その感情や経験があなたそのものではないということです。それらはあくまで一時的な状態であり、あなたが経験する出来事の一部でしかありません。その事実を深く理解し、自己をその状態から切り離すことは、現状を静かに受け入れ、自身を優しく見守るための一歩となるでしょう。

また、一人で抱え込まず、誰か信頼できる人に話すことも重要です。自分の感じていることを言葉にすることは、感情を整理し、現実と向き合う力となります。無理に感情を出さなくても大丈夫。一緒にいてくれるだけで、心地よい沈黙があってもいいのです。

世の中には無数の道があります。その中にはあなたが歩きやすい道もきっと存在します。焦らず、自分のペースで進んでください。無理せず、自分自身を尊重すること。それが何よりも大切です。

全てのことは変わりゆくもの。幸せも苦しみも、いずれ過ぎ去ります。その流れの中で、自分がどう在りたいか、自分らしい生き方を見つけていきましょう。そして、自分の心と対話を続けることで、問題の根源と向き合う勇気が湧いてくるでしょう。

あなたの心が少しでも安らぐ言葉を送りたいと思います。それは、あなたが一人ではないということ。あなたの苦しみは、あなた一人のものではありません。共に過ごし、共に乗り越えていく人々がいるのです。どうか心強く感じていただければ幸いです。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!