今月のお悩み相談:95件 累計のお悩み相談:1538件

10代女性 10代女性

自閉症スペクトラム障害で他者とうまく関われないことが悩みです

匿名さん
  • 2023年6月10日
  • 2023年6月2日
  • 5

わたしは女子高生で、自閉症スペクトラム障害(ASD)があることがわかっています。クラスの中で他の人と同じようにうまく話すのが難しいんです。友人関係も、会話のキャッチボールが上手く出来ず、微妙な表情を読み取るのも苦手で、時々失敗してしまいます。

学校の図書館で本を読むのが好きで、一人でいる時間は安心します。でも、人と関わるのが完全に苦手というわけではなく、むしろ友達ができて、楽しく会話ができるといいなと思っているんです。

でも、一度失敗すると、なかなかトライする勇気が出ません。同じ失敗を繰り返さないようにと、何度も何度も同じことを考えてしまって、結局一歩も進めないんです。それに、誤解されるのが怖くて、自分の気持ちを素直に表現することも難しいです。

自分がどうすれば他人と上手く関われるようになるのか、何かヒントがあれば知りたいです。どなたか教えていただけないでしょうか。

お悩みについてのアドバイス

あなたの心の中に寄り添い、その深い思いを共有できることに感謝いたします。他者との関わりについての悩み、それは誰しもが経験するもので、特に自閉症スペクトラム障害を持つあなたにとっては難しさが増していることでしょう。

あなたが本を読むことや一人でいる時間を安心する時間と感じることは、あなた自身がどんな環境で落ち着くのか理解している証拠です。それは自分を理解する大切な第一歩であり、その自覚を持つことは素晴らしいことです。

他者との関わりについて悩むあなたへ、ある古代の教えからヒントをお伝えしましょう。それは「中道」の教えです。すなわち、極端な思考に振り回されず、バランスを保つことの大切さを示しています。他者との関わりについて、全てを完璧にこなそうとするあまりにストレスを感じることも、全てから逃避しようとすることも、そのどちらも極端です。あなたが自分自身と他者との関わり方を探求する際には、この「中道」を心に留めてみてください。

そして、大切なのは、あなたが他者とうまく関わるために「完璧」である必要はないということです。誰もが失敗を経験します。失敗は、私たちに新しい視点を提供し、成長を促す機会を与えてくれます。過去の失敗に縛られず、その経験から学び、前に進むことを心掛けてみてはいかがでしょうか。

また、あなたが自分の感情を表現することが難しいということは、決して否定するものではありません。それはあなたの独自の感受性を示しているだけです。その感受性を理解し、受け入れ、助けとなる方法を見つけていくことが大切です。

最後に、あなたが他者と関わることに対して感じる恐怖や不安を軽減するためには、自己受容が必要です。自分自身を受け入れ、自分の感情や行動に対する罪悪感を解き放つことで、他者との関わりにおいても自然体でいられるようになるでしょう。自己受容は、自分の弱さや違いを認めることから始まります。それは自分が持っている独自の価値を理解し、自分自身を認めることであり、それは誰にも奪われるものではありません。

また、あなたが自分のペースで生きていくことが一番大切です。他者との関わり方や人と接するタイミングなど、あなた自身が心地よいと感じる範囲で行動してみてください。無理に自分を変えようとするのではなく、自分自身を理解し、自分らしくいられる方法を探してみてください。

そして、忘れてはならないのは、あなた一人で全てを解決しようとしないことです。周りの人々や専門家からの援助を必要とすることは、決して恥ずかしいことではありません。むしろそれは、自分自身を大切にする一つの方法です。

最後に、誰しもが自分自身と他者との関わりについて学び、成長する道程にあります。あなたもその一人です。どんな困難があろうとも、あなた自身が一歩一歩、自分らしく生きていけるように、心から応援しています。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!