今月のお悩み相談:117件 累計のお悩み相談:1560件

20代男性 20代男性

強迫性障害の思考や行動に縛られて、自由を失いつつあります

匿名さん
  • 2023年12月17日
  • 2023年7月5日
  • 4

僕は20代の男性で、現在はアルバイトをしながら生活していますが、最近強迫性障害の症状に困っているんです。
特定の思考が頭から離れず、何度も同じ行動を繰り返してしまう。
どうしても抑えられないこの状況に、自分の人生を制御できていない感じがして、不安になってしまうんです。

例えば、ドアを何度も何度も確認しないと安心できないし、手を洗う回数も決まっていて、それをやらないと一日が始まらない。
それがなんだか自分を縛っているようで、疲れてしまって…。

仕事にも影響が出てきて、特にお店の閉める時間になると、ドアの鍵を確認するのに時間がかかってしまってます。
僕が一番最後になるから、影響は他の人には出ないけど、これが続くと自分が参ってしまいそうで…。

こんな僕ですが、何かアドバイスがあれば教えて欲しいです。

ただ、僕が強迫性障害だって自覚しているのは、自分だけなんですよね。
だから、周りに心配をかけずに、こっそりと改善できる方法があれば嬉しいです。

どうか、僕の困りごとに耳を傾けてくれる人はいませんか?
よろしくお願いします。

お悩みについてのアドバイス

強迫性障害による思考や行動の繰り返し、本当に心身ともに大変な状況だと理解しています。毎日の生活の中で、自分の意志とは異なる行動を無意識に繰り返してしまうことは、なかなか自分自身ではコントロールしにくいですよね。

しかし、ご自身でその状況に気づき、変化を望んでいるその思いはとても素晴らしいことです。真実の道は自己理解から始まります。あなたが何を体験しているか、何が問題なのかを認識していることは、既に一歩前進している証拠なのです。

あなたの現状に対する焦りや不安も分かりますが、あなた自身に対してやさしく、ゆっくりと向き合ってみてはいかがでしょうか。あなたの心と身体は、無理をすることなく、ゆっくりと自己理解を深め、変化を受け入れていくことができます。

強迫性障害とは、自分自身の中にある強迫的な思考や行動への恐怖との戦いです。しかし、その戦いは、他人と比較するものではなく、自分自身との対話を通じて解決するものなのです。

あなたがどんな状況でも、自分自身を否定せず、自分の体験や感情を大切に扱うことが大切です。もし、困難な状況に直面した時は、一息ついて、自分自身に対する深い思いやりと共感を持ってみてください。世界は連続する一瞬一瞬から成り立っています。一つ一つの瞬間を大切に生きていきましょう。

そして、自分一人で抱え込まないでください。信頼できる人に、あなたの経験や感情を共有することも重要です。あなたの困難は、あなた一人のものではありません。一緒に考え、助けを求めることが、解決への一歩となります。

あなたの旅路が、あなた自身の成長と理解へと繋がることを願っています。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!