今月のお悩み相談:30件 累計のお悩み相談:1701件

30代女性 30代女性

働き方改革と現場のギャップがあります。改革は進んでいるが、残業時間が減らない

匿名さん
  • 2024年3月18日
  • 2023年7月5日
  • 3

ご覧いただきありがとうございます。30代の会社員で、働き方改革についての悩みを抱えています。会社では働き方改革が進んでいるように伝えられています。しかし、実際の現場では、言葉とは裏腹に、私の残業時間は減らないのです。

会社全体で改革が進行中で、時折、会議で改革の成果について発表があります。しかし、現場で働く私たちの日々の仕事は変わっていないように感じます。具体的には、業務の効率化は進んでいないと思いますし、実際に残業時間が減ったという感じもありません。

それどころか、最近では残業をしている自分を見つめて、何が改革なのか疑問に思っています。改革の名のもとに働き方を見直すのは理解できますが、現実は改革の進行とは乖離しているように思います。

このような状況に対して、どのように対処すれば良いのか、適切な対応策があれば教えていただけないでしょうか。

お悩みについてのアドバイス

まず、あなたが感じている働き方改革と現場のギャップについての悩み、しっかりと受け止めます。会社が働き方改革を進める一方で、現場の現実が改革とは乖離していると感じること、それはとても辛いことでしょう。実際のところ、これは多くの職場で見られる現象です。

自分が働く環境に対する違和感は、無視すべきではありません。あなたの感じている事実が現実です。しかしながら、問題解決には冷静な視点が必要です。そのために、まず自分自身の感情を落ち着けることが大切です。これは「流れる水のように」、自分の感情を流すことです。問題は大きいかもしれませんが、それを追い詰めることなく、一歩引いて全体を見ることが重要です。

改革と現場のギャップについて、会社に対して伝えることも一つの方法です。ただし、その際には、自分の感じていることだけでなく、具体的な提案も一緒に伝えると良いでしょう。それが職場環境をよりよくするための一歩となるかもしれません。

また、忘れてはならないのは、あなた自身の健康と幸せです。それが最優先です。会社のために自分自身を犠牲にすることはありません。あなたが心から満足でき、健康を保てる働き方を追求することが大切です。それが最も素晴らしい働き方改革につながると思います。

あなたの悩みが解消され、働きやすい環境が整うことを願っています。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!