今月のお悩み相談:95件 累計のお悩み相談:1538件

20代男性 20代男性

自分の才能や適性がわからず、選びたい職業が定まらないことで悩んでおります。

匿名さん
  • 2024年2月5日
  • 2023年7月5日
  • 0

もうすぐ20代後半になるのに、まだ働く場所が見つからない、というのが現状です。いろいろと考えるのですが、自分の中に明確な才能や特技、すなわち適性を見つけられません。これまで何をやっても特に目立った成果が出るわけではなく、どちらかといえば平凡な結果しか出せていません。

ハローワークに行ったり、就職サイトを見ても、自分が何をしたいのか、何が向いているのかがわからないままです。自己分析の一環として、友人に自分の長所を聞いてみたりもしましたが、その結果は「優しさ」や「面白さ」など、職業選択にはあまり役に立たないものばかりでした。

こうした状況の中で、就職活動を始めることになり、面接で「なぜこの職種を選んだのか」と聞かれると、正直に答えられる自信がありません。自分の強みや才能がハッキリしないまま、ただ働く場所を見つけるだけでなく、適性を見つけて自分らしく働く場所を見つけたいと考えています。

何か手がかりになるようなヒントをいただけると幸いです。どうかよろしくお願い申し上げます。

お悩みについてのアドバイス

才能や適性が一目瞭然でないこと、それが職業選択に影響を与えていること、非常に理解できます。

しかし、ご自身をあまり厳しく見すぎないでください。人間誰しもが持つ才能や適性は、大きなビーコンのように明らかに輝いているものばかりではありません。むしろ、日々の生活の中に紛れ込んで、あまりにも自然すぎて目立たないものこそ、真の才能かもしれません。

「優しさ」や「面白さ」は、一見すると職業選択に直結しないように見えるかもしれませんが、それらも立派な才能です。ゆっくりと自分のペースで自己を理解する旅を続ける中で、そのような特性がどのように職業に活かせるかを模索することも一つの方法です。

また、人は変わることができます。今まさにあなたが新たな挑戦をして、新たな才能を開花させることも可能です。可能性は無限大で、始まりはいつでも良いのです。無理に焦ることなく、あなたが心地よく感じることを追求し、その中に自分らしさを見つけてください。

世界は流れる川のように、常に変化しています。自分がどうあるべきかを固定的に捉えるのではなく、流れに身を任せ、水のように自由に形を変えながら生きること。そこにあなたが求めている答えが見つかるかもしれません。

あなたが自分自身を信じ、自分の道を見つけることを心から願っています。どうか、自分のペースを大切に、そして柔軟に、生きて参りますように。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!