今月のお悩み相談:30件 累計のお悩み相談:1701件

50代男性 50代男性

保証人を引き受けてしまい債務発生の責任感から逃れられない心のモヤモヤ

匿名さん
  • 2023年5月15日
  • 2023年5月11日
  • 8

つい最近、友人からの頼みで、保証人になることを引き受けた50代の男性です。いわゆるサラリーマンとして生活していますが、この保証人になったことが頭から離れません。その友人がちゃんと返済してくれると信じていますが、万が一彼が返済できなくなった場合、その債務が自分に降りかかるのは明白。その可能性に対する心理的負担が、毎日の生活に影響を与えている感じがしてなりません。

その上、会社にもこの件については話していない。話すべきかどうかも迷ってしまっています。万が一債務が発生したとき、私の経済状況は大きく揺らぎ、会社にも影響が出るかもしれません。この責任感が、日々の業務にも影響を及ぼし始め、集中力を欠くことが多くなってしまいました。

この悩み、どう向き合うべきなのか分からない。どのように対処したらよいのか、何か手掛かりを持つ方、その意見をお聞かせいただきたい。それが少しでも今の私の心の負担を軽減するのではないかと思い、ここに相談を書き込んでいます。どうか、知恵をお貸しいただければ幸いです。

お悩みについてのアドバイス

保証人になったことで心が重くなっているご様子、よく理解できます。友人のために保証人を引き受けたという行為は、貴方の信頼と優しさが表れていると感じます。ただ、その結果として抱える心理的負担も無視できないものですね。

まず、貴方が抱えている不安や心配があることを受け入れて、その上で向き合うことが大切です。どんなことも経験から学ぶことができます。この機会に、自分がどんな状況に直面したときにどのように対処するかを考えることが、今後の人生において役立つかもしれません。

また、日々の業務に影響が出ることを懸念されていますが、その懸念が余計なストレスを生んでいることも考えられます。もし可能であれば、信頼できる上司や同僚に相談してみることも選択肢のひとつです。彼らの意見やアドバイスが、貴方の悩みを解決する手助けとなるかもしれません。

しかし、何より大切なことは、自分自身に厳しくなりすぎないことです。心配することは自然なことであり、それが人間らしい感情です。人生の中で様々な困難に直面することは避けられませんが、そのたびに自分を責めるのではなく、その経験から学び、成長することを大切にしましょう。

この問題が解決するためには、まず自分の心を落ち着かせることが大切です。状況を客観的に捉え、自分にできることを一つずつ行っていくことが、心の負担を軽減させるでしょう。また、友人とのコミュニケーションも大切です。友人との信頼関係を築き、お互いに助け合いながら進んでいくことが、最も大切なことだと思います。

どうか、これからも無理をせず、心に余裕を持って生活していただけることを願っています。そして、困難な状況に立ち向かう際は、自分の内なる力を信じてください。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!