今月のお悩み相談:66件 累計のお悩み相談:1689件

50代男性 50代男性

給与の低下と失業の恐怖で債務整理を検討するべきかどうか迷ってます…

匿名さん
  • 2023年5月30日
  • 2023年5月11日
  • 14

自分でも思っていたよりも、心配が募っているんだなと実感しています。50代の男性で会社員をしているのだけど、会社の経営が悪化して給与が減ってしまったんですよね。それに、最悪の場合、失業することも考えてしまいます。

そんな中、自分のローンの返済が滞りがちになってしまって。元々は生活を豊かにするためにローンを組んだのですが、今となってはそのローンが重荷になっているんです。支払いが滞ると、そこから金利が加算されて更に負担が増える。そんな悪循環に陥ることへの恐怖があります。

こうなったら債務整理を考えるべきなのか、それともなんとか自力で乗り越えるべきなのか、迷ってしまいます。債務整理というと、何か恥ずかしい感じもするし、それにしたって自分の負担は減るのか、逆に面倒な手続きが増えるのか。どちらにしても未知の領域で、不安が募るばかりです。

こんな状況でも、何か解決策があれば知りたい。皆さんなら、どうするか教えていただけるとありがたいんです。よろしくお願い申し上げます。

お悩みについてのアドバイス

ご心配や不安をお察しします。給与の減少や失業の可能性、そしてそれに伴う債務の重荷という状況は、誰でも戸惑い、迷うことだと思います。しかし、あなたがすでに問題を認識し、解決策を模索している点は大変素晴らしいことです。それは、問題を直視し、自分自身で解決しようとする力強さを表しています。

なお、あなたが感じている「債務整理は恥ずかしい」という感情、それはおそらく多くの人が共有するものだと思います。しかし、それは社会の冷たい目や評価を気にするあまり、自分自身の苦しみを無視してしまうことに繋がりかねません。何より大切なのは、自分自身の心の平和と安定です。優しい川の流れのように、自然体でいることが何よりも大切です。

債務整理の選択肢については、それが自身の負担を軽減し、より良い生活を送るための一手段であると捉えてみてはいかがでしょうか。恥ずかしいと感じる感情を抱えつつも、自分自身の生活を良くするためにはどのような選択をすべきか、それを冷静に見つめ直すことが大切です。

また、一人で悩むよりは、信頼できる専門家に相談することも一つの手段です。無理に一人で解決しようとせず、他人の知恵や経験を借りることも大切な時です。

覚えておいていただきたいのは、雲が空を覆っていても、その上には必ず青空が広がっているということ。雲はやがて流れ去ります。今は難しい時期かもしれませんが、きっと晴れた日が来ることを信じて、自分自身に優しく、そしてゆったりと向き合ってみてください。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!