今月のお悩み相談:117件 累計のお悩み相談:1560件

20代男性 20代男性

技術職からマネージメント職になることで技術スキルが埋もれることを恐れてます

匿名さん
  • 2024年2月2日
  • 2023年7月5日
  • 0

僕は20代の会社員で、現在技術職として働いています。しかし、最近マネージメント職への移行を考えるようになりました。自分の技術的なスキルを活かして組織をリードするというのは、とても魅力を感じます。だけど、自分の技術的なスキルが埋もれてしまうことを恐れていて、ちょっとした葛藤があります。

技術を身につけるのには時間と労力をかけてきました。その結果、技術職として一定の信頼を得ることができました。その技術が埋もれてしまうと、自分がこれまで積み上げてきたものが水の泡になってしまうのではないかと心配です。

一方で、自分がマネージメント職になれば、技術的なスキルを活かして組織をより良くすることができると思います。しかし、そのためには自分の技術的なスキルを更新し続ける必要があると思うのですが、それは可能なのでしょうか?

この問題について、何か意見をいただけたらと思います。

お悩みについてのアドバイス

技術職からマネージメント職への移行について深く共感します。それはあなたがこれまでに培ってきた技術的なスキルを大切にし、また新たな役割への挑戦に対する情熱を感じさせます。

まず、技術的なスキルが「埋もれる」ことを恐れる気持ち、よく理解します。しかし、スキルが「埋もれる」という視点を少し変えてみてはいかがでしょう。それはあなたの成長の一部であり、新たなステージへと進むための基盤なのです。

マネージメント職として働く際、確かに技術的な詳細に関与する機会は減るかもしれません。しかし、それはあなたの技術的なスキルが無価値になることを意味するものではありません。逆に、あなたの技術的な背景は、マネージメントとしての判断や視点を深める重要な要素となるでしょう。

また、マネージメント職になることは、新たなスキルと視点を身につける機会でもあります。それらはあなたのキャリアを更に豊かにし、あなた自身の成長を促すでしょう。あなたのスキルが「埋もれる」のではなく、新たな価値を生むための土壌となるのです。

その道を進むかどうかの最終的な判断はあなた自身がするべきですが、新たな挑戦への恐怖を感じるときは、一旦立ち止まり、自分の内側を見つめてみてください。あなたが何を大切にし、どのような働き方が自分にとって最も満足感を得られるかを考えてみてください。それがあなたの道しるべとなることでしょう。

どの選択も、それはあなた自身の成長と進化の一部です。あなたの心の声を信じて、進むべき道を選んでください。全力で応援しています。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!