今月のお悩み相談:117件 累計のお悩み相談:1560件

50代男性 50代男性

組織の若返り政策で早期退職を打診されましたが、まだ働きたい気持ちがあります。

匿名さん
  • 2024年1月21日
  • 2023年7月5日
  • 0

会社から突然、組織の若返り政策の一環として早期退職を打診されました。50代半ばの私にとって、まだまだ働きたいという意欲が強くあります。それに対する打診は、正直、戸惑っています。

これまでになく一生懸命に働いてきて、多くの成果を上げてきたつもりです。また、仕事を通じて得た経験や知識はまだまだ会社のために役立てると信じています。なのに、突然の早期退職の打診には心が揺れています。

しかし、会社の方針に反することは難しく、一方で働く意欲があることも事実です。これから何をすべきか、正直なところ悩んでいます。

皆さんなら、どのような選択をするでしょうか?何か意見や提案があれば、お聞かせいただけるとありがたいです。

お悩みについてのアドバイス

まだまだ働きたい意欲があるにも関わらず、組織の若返り政策で早期退職を打診され、そのことで悩んでいること、理解しました。あなたの気持ちや戸惑い、全てはとても自然な感情で、人生の岐路に立たされた時に誰もが感じるものだと思います。

まず最初に、働きたいというあなたの意欲は、大変素晴らしいもので、それ自体を大切にしてほしいと思います。あなたがこれまでに積み上げてきた経験や知識は、非常に価値があります。

ここで大切なのは、あなた自身がどうしたいのか、どうあるべきなのか、という点です。外部の状況や他人の意見を参考にすることは大切ですが、最終的にはあなた自身が納得でき、幸せを感じる選択をすることが一番重要です。

また、働きたいという気持ちは、必ずしも現在の組織に縛られる必要はありません。新たな環境や可能性に目を向けることで、あなたの経験や知識が活かせる場所が見つかるかもしれません。あなたの心が求めているものは何か、深く内省し、可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

何も焦ることはありません。混乱や迷いは、新たな道への一歩を踏み出すための準備期間と捉えてください。全ては結果ではなく、過程が大切です。あなたの次の一歩が、心地よく、そして充実したものになることを願っています。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!