今月のお悩み相談:117件 累計のお悩み相談:1560件

20代女性 20代女性

銀行口座やクレジットカードの選び方、金利についての知識が全くないのですが…

匿名さん
  • 2024年1月2日
  • 2023年7月5日
  • 0

20代の会社員にもなって、自分の金融知識のなさに困っております。特に、銀行口座やクレジットカードの種類、それらの金利についての理解がまったくないのです。これまでの生活で、銀行口座は親が開設したものを使い続け、クレジットカードも初めて作った一枚だけを使ってきました。

しかし、友人たちが自分のライフスタイルに合わせて銀行口座を選んだり、クレジットカードのポイント還元率を比較したりしている話を聞くと、自分も同じようにした方が良いのかなと思うようになりました。それに、金利についても全く知らなくて…。例えば、銀行口座の金利とは一体何なのでしょうか?クレジットカードの金利はどういったものなのでしょうか?

そんな私が最近抱いた悩みは、会社の健康診断で視力の低下が見つかったことです。これも金融知識がないからかもしれません。自分の銀行口座やクレジットカードの利用明細を見るときに、小さい文字を読むのが辛いと感じることが増えてきました。それが原因で、視力が低下してしまったのかもしれません。

このままでは、自分の金融状況を把握できず、さらに視力まで落ちてしまうかもしれません。何か良い対策はないでしょうか。みんなの意見を聞かせていただければ幸いです。

お悩みについてのアドバイス

20代の会社員として、様々な事に対応しながら生活を進めていく中で、金融知識が不足していると感じること、それは実に自然なことです。

しかし、まずは心配しなくても大丈夫。人生は長い旅。すべてを一度に理解し、全てを一度にこなす必要はないのです。今はまだ金融知識が十分でないと感じているあなたですが、それはこれから学ぶチャンスに過ぎません。

銀行口座やクレジットカード、それらの金利について知識を深めることは、あなたの生活を豊かにする大切なステップです。しかし、それは一夜にして身につくものではありません。少しずつ、自分のペースで学んでいくことが大切です。山は登るものではなく、歩いていくもの。焦らず、一歩ずつ進んでください。

そして、あなたが視力の低下を気にされていますが、それも無理に心配する必要はありません。視力の低下は、あなたが金融知識を身につけようと頑張っている証拠かもしれません。しかし、それも自身の身体の声を聞くきっかけになるかもしれません。身体は私たちの最良の友人。その声を大切に、自分のペースを見つけていきましょう。

そして、知識がないからといって自己否定をすることはありません。あなたが今、この悩みを抱えていること自体が、自己成長への一歩なのです。新しいことを学び、自己成長を遂げる旅は、一歩一歩が大切。その旅路を力強く歩いていくあなたを応援しています。

それでは、これからも自分自身を大切に、自分らしい人生を歩んでください。どんな時でも、自分自身を信じて、進んでいってくださいね。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!