今月のお悩み相談:68件 累計のお悩み相談:1691件

40代男性 40代男性

離婚後自己イメージとアイデンティティの再構築について

匿名さん
  • 2023年9月11日
  • 2023年7月5日
  • 2

はじめまして。40代のサラリーマンをしている者です。離婚した後の自分のあり方、見つめ方に戸惑っています。自己肯定感が低下し、社会的な評価に対する不安が増しています。自分の価値観が揺らぎ、自分が何者なのか分からなくなってしまったのです。

離婚後、社会的な評価については、特に職場での立ち位置に影響があるかもしれません。僕の業界は家族を持つことが一種の成功と見なされていて、離婚したことでその成功像から外れてしまった感じがしています。それにより、自分自身の価値が下がったように感じ、自己肯定感が低下してしまいました。

自分のアイデンティティ、つまり自分が何者なのかを再確認し、再構築したいと思っています。皆様の経験や意見を頂ければ幸いです。

お悩みについてのアドバイス

離婚後の自己肯定感の低下や社会的評価への不安、自分自身のアイデンティティを見つめ直す葛藤を深く感じ取りました。

まずは自己肯定感についてお話ししましょう。あなたが離婚を経験したことで自己肯定感が低下したという気持ちは、多くの人が共感するところでしょう。しかし、大切なのは自己肯定感は他人から得るものではなく、自分自身から生まれるものであるということです。自分を尊重し、大切に思うことで自己肯定感は育ちます。

また、社会的な評価については、社会の中にいる以上、避けられないものです。しかし、その評価があなた自身の価値を決定するわけではありません。あなたが自分自身をどう見るか、どう評価するかが最も重要です。

そして、自己アイデンティティについては、これはあなた自身が選択し、決定するものです。あなたが何者であるかは、あなた自身が定義します。外部の評価や状況がそれを左右することはありません。

心に静寂を持つことで、内面から生まれる本来の自己を見つめることができます。自分自身を深く理解し、認め、そして愛する。そこから、新たな自己肯定感とアイデンティティが生まれてくるでしょう。

あなた自身が持つ内なる知恵を信じ、自分自身に対する理解を深めてみてください。遠くを見るよりも、自分の心の中に視点を向け、心の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。心の中に答えはきっとあるはずです。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!