今月のお悩み相談:30件 累計のお悩み相談:1701件

30代男性 30代男性

ソーシャルプレッシャーとジェンダー観念によって離婚を迷ってます

匿名さん
  • 2023年9月3日
  • 2023年7月5日
  • 1

私は社会のプレッシャーとジェンダー観念に挟まれています。私たち男性には、「家を支える存在」でなければならないという強い意識が社会から求められている気がします。それが一部の自分の中でも反映され、妻や家庭を支えるべきと感じています。

しかし、僕自身は大企業の一部門を任されており、その仕事の負荷は相当なものです。それでも我慢して仕事に励んでいますが、家庭での時間もまた負荷を感じています。僕に求められる役割は多岐にわたり、時にはその重圧に耐えられなくなることもあります。

このようなジェンダー観念やソーシャルプレッシャーにより、妻との関係にも亀裂が入り、離婚を考えています。しかし、離婚を選べば「男性としての役割を果たせなかった」というレッテルを貼られるのではないかという不安もあります。

僕が抱えているこの問題に対して、どう向き合えば良いのでしょうか。少しでも解決の糸口が見えれば、それが一歩となると思います。

お悩みについてのアドバイス

あなたの話を読んで、社会や周囲からのプレッシャー、ジェンダー観念に対する悩みを感じ取りました。そこには、自分がどうあるべきかという問いがあるようです。そんなあなたの心情に深く共感します。

男性であること、社会人であること、それぞれが持つべき役割とは何か。それは確かに深遠な問いかもしれません。しかし、その答えは誰かが決めるものではありません。それぞれの人が自分自身の中で見つけ出すものなのです。

あなたが男性であること、または社会人であることに対する観念があなた自身を縛っているように感じます。しかし、観念はあくまで一つの視点であり、それが全てを決定するものではないのです。

それはまるで、大きな海を一つの小さな窓から眺めるようなものです。窓から見える海は一部分でしかなく、その窓を開けて広い視野で見れば、違った風景が広がっていることに気づくでしょう。

あなたが今、男性として、社会人としてどうあるべきかに悩んでいること、それはあなたが真剣に自分と向き合っている証拠です。しかし、その視点は一つの窓からの風景に過ぎません。

もし、その窓からの風景があなたに重圧を感じさせているなら、新たな窓を開けてみることをおすすめします。その新たな窓からの風景が、あなたにとっての新しい「男性としてのあり方」、「社会人としてのあり方」を示してくれるかもしれません。

それは、自分自身の価値を他人や社会の期待からではなく、自分自身の内側から見つける旅になるでしょう。その旅は容易なものではないかもしれませんが、必ずしも一気に進む必要はありません。

一歩ずつ、自分のペースで進んでください。ゆっくりと時間をかけて、自分自身との対話を深めていくことが大切です。その中で、あなたが本当に大切にしたいもの、自分自身のあり方を見つけることができるでしょう。

それがあなたの心の負担を軽くし、あなたが自分自身の道を歩む力となることを願っています。あなたの旅が、あなた自身の真実となる道を示してくれることを願っています。

アドバイス全文を読む

相談したいお悩みはありませんか?

話を聞いてもらうなら
ココナラ電話相談がおすすめ!